イタリア食材厳選のお店 PIATTI トップページに戻る ご利用案内 お問い合せ 実店舗 イタリア食材厳選のお店 PIATTI マイページへログイン カートを見る PIATTIのブログ_Diario da PIATTI@Hatena::Diary Twitter Facebook Instargram
 

ピアッティ:ジャンベルラーノのパネットーネ・ペラヴァッロ【洋梨とチョコ】

Panettone:パネットーネ
北イタリアが発祥とされるPanettone:パネットーネは「パネットーネ酵母」と呼ばれる特殊な酵母で作られたパン菓子。
イタリアの暦の中でも特に大切なクリスマスから年明けまでの時期に、もはや無くてはならないと言われるほどに浸透した
まさにイタリアならではの冬の風物詩です。
現代のイタリアでは多くの生産者が様々な地域で多種多様なパネットーネを創作している中にあって、ジャンベルラーノ
のパネットーネは別格です。
それはやはりこの店の当主である生産者、Valter Tagliazucchi:ヴァルテル・タリアズッキの技量によるものでしょう。
Lievito madre:リエヴィト・マードレ「天然酵母」の天才的な使い手として永らく評価されてきた彼だからこそ
なし得る魅惑の世界がそこにあるのです。





Peravallo:ペラヴァッロ
イタリアのフルーツは濃厚な味わいで魅力的ですが、洋梨はその中でも忘れてはいけないアイテムです。
プレーンタイプの生地に、爽やかで且つ甘酸っぱい洋梨の味わいに、組み合わされたとチョコチップも素敵な
アクセントになり、もう一口もう一口とつい手が伸びてしまう美味しさです。

スライス又は手でちぎってそのまま、あるいは生クリームをホイップして添えて召し上がっていただいても美味!
朝食ではカプチーノやエスプレッソと共に、パーティなどではデザートワインと共にお召し上がりいただくと、
その美味しさをさらに楽しんでいただけると思います。

パネットーネ・ペラヴァッロ(洋梨とチョコ)

価格: ¥7,560 (本体 ¥7,000)
数量:
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

twitter

パネットーネの販売について
パネットーネは基本的に予約販売商品で、毎年9月中旬~9月下旬にご予約を受付け、11月末頃の入荷となります。
受付開始については、ホームページにてお知らせ致します。
※入荷後にご予約外分も若干販売致しますが、大変数が少ないので、ご希望の方は是非ご予約をお願い致します。

コロンバのご案内
年末のパネットーネの他にもジャンベルラーノが作る復活祭のお菓子「コロンバ」を毎年春に輸入しております。
形が違う(鳩の形)だけで、材料・作り方はほぼパネットーネと同じお菓子です。
コロンバも予約販売商品となり、2月にご予約を受付け、3月末頃の入荷となります。


品名 パネットーネ・ペラヴァッロ【洋梨とチョコ】
名称 発酵パン菓子
原材料 小麦粉、砂糖漬け洋ナシ、バター、砂糖、天然酵母、ミルクチョコレート、卵黄、天然香料(オレンジ、シトロン、ハチミツ)、卵白、アーモンド粉、米粉、トウモロコシ粉、ヘーゼルナッツ粉、ひまわり油、アーモンド、粉乳、塩、
内容量 1kg 
賞味期限
保存方法 直射日光・高温多湿を避け冷暗所(20℃以下)にて保存
原産国 イタリア(エミリア・ロマーニャ州)

生産者について
生産者のジャンベルラーノは、北イタリア、エミリア・ロマーニャ州のバルサミコ酢で有名なModena:
モデナのさらに山奥、Pavullo nel frignano:パヴッロ・ネル・フリニャーノ という村にある小さなお菓子屋です。
原材料を吟味し、自然の力を最大限 に生かした菓子作りとなんと言ってもその素晴らしい味わいでイタリア国内でも
高い評価を得ています。

このお菓子屋さんとの出会いは2011年1月に、モデナのバルサミコ酢生産者、San Donnino:サン・ドンニーノ社を
訪れた際に当主より薦められた事に始まります。
このサン・ドンニーノのお屋敷は、調度品から何からハイクラスを絵に書いたようなところで、その当主はやはり
食べ物にも本物を求めます。
そんな中にあって彼らが今まで食べてきた中で最も美味しいと絶賛し、薦めてくれたパネットーネがジャンベルラーノの
パネットーネだったのです。
それまで、スーパーマーケットに山積みされているようなものしか食べたことのなかった私は、全くと言っていいほど
パネットーネに興味がなく、薦められたものの正直何の期待もしていませんでした。
とりあえず...と試してみたらいやはや掛け値なしに美味しいの何の!
速攻でこの作り手を訪ねよう、という事になったのでした。

しっとりとした食感、気品のある香り、すっきりとした味わいは、とめどなく食べ続けたくなる衝動にかられてしまいます。
でもひょっとして素敵なお屋敷の中というあのシチュエーションにあったから、きっと気持ちの高揚もあったはずと
己を戒め、帰国後に取り寄せて再度味を確認し、かつ周りの方々にもお試しいただき、その美味しさを再確認したのです。
やはり、美味い。
是非お試しいただきたい逸品として輸入する事を決めました。 




カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 営業時間変更

営業時間:11~13時、14~20時
ハム類スライスは19時30分で終了
スライスは事前にご連絡を下さい
新年の営業は1/5(水)からです

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ