イタリア食材厳選のお店 PIATTI トップページに戻る ご利用案内 お問い合せ 実店舗 イタリア食材厳選のお店 PIATTI マイページへログイン カートを見る PIATTIのブログ_Diario da PIATTI@Hatena::Diary Twitter Facebook Instargram
 

ピアッティ:ピエール・オテイザのチョリソ・アルデュード

Pie noir du Pays basque:バスク豚
Pie noir du Pays basque:ピー・ノワール・デュ・ペイ・バスクと呼ばれるバスク豚は、フランスに存在する6つの地種豚のひとつです(他に、ガスコン豚、リムーザン豚、ヌストラル・コルス豚、西部ホワイト豚、バイヨー豚)。

かつてはペイ・バスクとピレネー、一部のベアルヌ、オートピレネーでもバスク豚は生息していました。
しかし1981年には山村で農業を営むほんの一握りの農家でしか飼育しておらず、農業省がこの品種を保護するためのプログラムを組みました。

バスク豚の特徴は、黒と白の2色の模様です。頭とお尻、鼻まで届く長い耳は黒色です。
そして山の中の森林で綺麗な空気を吸い、天候の悪いときは木製の小屋でシダの葉で覆った屋根の家の中で体を休めます。
食べ物は主に草と栗、どんぐり、ブナの実(9月から初雪まで)など季節ごとの実ですが、AOC(Appellation d'Origine Contrôlée、原産地呼称統制)の仕様書で決められた通り、バスク豚の生息地から収穫したものを70%以上使用した穀物(遺伝子組み換えでない)をとり、栄養バランスを保っています。

Porc du KINTOA issue de porc BASQUE:バスク種キントア豚へ
このバスク豚の保護を目的に1990年、バスク豚協会が設置され、バスク種の豚から作られる商品の改善や技術向上を図ってきました。
数々の精力的な活動の結果、現在では協会に属する農家は76名にのぼります。
商品の独自性や地域らしさ、受け継がれたノウハウ、限定地区で飼育された地豚であること、その歴史などを保証し、詐称や偽造品からの保護にも有効であるとしてAOC認定への働きかけも行ってきました。
これらの長い歴史を鑑みて、バスク豚協会はPie noir du Pays basque:ピー・ノワール・デュ・ペイ・バスク、通称バスク豚にKINTOA:キントアの名を与えました。

そして公式に
 2016年 Porc du Kintoa(精肉)、Jambon du Kintoa(生ハム)の原産地呼称統制、AOC
 2017年 Porc du Kintoa(精肉)のEU基準、l'AOP
 2019年 Jambon du Kintoa(生ハム)のEU基準、l'AOP
を取得するに至っています。

ちなみに、Kintoa:キントアとはバスク語で”キントを払う国”という意味で、かつてこの地で農家を営んでいた人々が、豚を放牧する際に、山への入山料として群れの5番目の豚を王様へ税金として収めていました。これをフランス語でle doit de quint、スペイン語でquintaと表現し、キントを払う国(キントア)と呼ばれていた事に由来します。

※以上、輸入元資料より

Chorizo des Aldudes:チョリソ・アルデュード
Aldudes:アルデュード渓谷共同熟成庫で製造しており、自然が作り出すメゾンの味はこの地でしか出来ません。
チョリソ・アルデュードは少し太め(直径、約3cm程度)の腸詰めで少ししっとりした肉質です。
バスクの唐辛子は穏やかな辛味と豊かな香り、ほんのりとした甘みさえ感じられ、通常の辛いサラミとは一線を画す見事な出来栄えです。

美味しく召し上がるために
冷蔵庫から出して1~2時間ほど常温に安置することで本来の風味が戻り、より美味しく召し上がれます。
腸詰めの皮ごとそのままスライスしてお召し上がりください。
なお、酵母などの微生物が生きているため、緑色の自然のカビが生えることがありますが、キッチンペーパーなどで拭き取ってお召し上がりいただけます。
冷蔵庫に入れる際は、保存袋やタッパーなどに入れて冷風が直接当たらないようにしていただきますと乾燥が進まずにすみます。(そのまま入れてしまうと乾燥が進んで固くなって切りづらいので)

因みに、うっかり忘れてしまって固くなってしまったものは、スープや煮込みに使うと大変美味なダシとしてお使いいただけますのでご利用ください。

重量および金額についてのご注意
記載しております価格は、350gあたりの金額となります。
重量は多少前後致しますので、実際の重量に従って再計算してのご請求となります。

チョリソ・アルデュード 約350g (不定貫、価格は再計算)

価格: ¥5,292 (本体 ¥4,900)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

品名 チョリソ・アルデュード
名称 サラミ
原材料 豚肉、豚脂、香辛料(唐辛子、胡椒、にんにく、オレガノ、ナツメグ)、食塩、糖類(乳糖、ぶどう糖、しょ糖)
/pH調整剤、酸化防止剤(エルソルビン酸Na、アスコルビン酸Na)、発色剤(硝酸K)
特定原材料 一部に小麦・乳成分・豚肉を含む
水分活性 0.87未満
内容量 約300g
賞味期限 期日は個別表記
保存方法 高温多湿を避け冷暗所で保存し、カット後要冷蔵
原産国 フランス


栄養成分表示【100gあたり】
熱量 464 Kcal
たんぱく質 22 g
脂質 39 g
炭水化物 6 g
食塩相当量 4.7 g

Pierre OTEIZA:ピエール・オテイザ社
ピエール・オテイザ社はフランス南西部、Basque:バスク地方の美しいAldudes:アルデュード渓谷にある小さな山村に位置する、豚の飼育から生産までを行うシャルキュティエ(肉の加工職人)として1987年に創業しました。
地元の豚の品種で、当時絶滅の危機にさらされていたle porc pie noir du pays Basque 、つまりバス ク豚を復活させる事に意欲を燃やします。 1990年 数名の熱意に燃える農家と共にLe porc basque en Vallée des Aldudes (アルデュード渓谷バスク豚協会)を立ち上げるなど精力的に働き、2008年8月 日本向けの輸出許可を所得。それにより、豚肉の日本への輸出が可能になりました。
また、2010年にはピエール・オテイザ社とバスク豚協会はAOC 所得への更なる働きかけとして、キントアの生ハムと精肉のロゴマークに王冠を付け加えました。
続いて、2016年8月17日、2つの原産地呼称統制(AOC)、Kintoa AOC (精肉)と Jambon du Kintoa AOC (生ハム)を正式に取得しました。
そしてついに2019年1月、Jambon du Kintoa(生ハム)もAOPを取得するに至っています。
こうしたバスク豚復興への貢献により、氏は2006年にレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受賞しています。

※以上輸入元資料より

他にもこんな商品があります

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

営業時間:11~13時、14~20時
ハム類スライスは19時30分で終了

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ